資料請求


からだのお悩みを抱えておられる女性に。

不調の緩和、また養生のための、不調別「おすすめ食材一覧表」をお送りいたします。

こちらは無料です。(資料は各、A4版3枚~4枚綴)

資料は、右の3種類から、ご希望のものをお選びください。

更年期のお悩みのある方に:

1⃣「更年期のつらい症状がこのスーパーの食材で和らぐ」 

 

女性特有のお悩みのある方に: 

2⃣「女性特有のつらい症状がこのスーパーの食材で和らぐ」

 

不妊のお悩みのある方に: 

3⃣「不妊のつらい症状がこのスーパーの食材で和らぐ」


資料請求ホーム

郵便にてお送りさせていただきますので、お手数ですが、ご入力ください。

 

メッセージ欄には、ご希望の資料をお書きください。(資料の番号と名前をお手数ですがお書きください)


資料請求いただきましても、お電話やメールなどで無理な勧誘は、いたしませんので、どうぞご安心ください。

メモ: * は入力必須項目です


コメント: 0

まずは、お気軽にお電話くださいね。

電話番号:固定電話 0740(34)1620

    :携帯電話 09091665326 

    サロンの業務を一人で対応させていただいているため、すぐにお電話に出られない場合があり、ご迷惑をおかけすることがございます。

所在地:滋賀県高島市安曇川町(あどがわ) ご予約時に詳しい住所をお伝えいたします。

最寄駅:JR湖西線安曇川駅より車で8分

     JR湖西線安曇川駅東口のタクシーをご利用ください。

営業時間:午前10:00~午後5:00

定休日:日・祝日 *不定休の場合もあります。

食べられないお悩み

 

とても気が沈んでしまう

だれとも会いたくない

食事をつくる気力もない

 

こんなお悩みを抱えていませんか?

 

たとえば、仕事上のストレス、学校や職場での人間関係のストレス、夫婦関係のストレス…。

ストレスのない人はいないにしろ、そのストレスを感じすぎてしまった結果、日常の生活の質そのものが低下してしまうこと、誰にでも、おこりうることですよね。

 

もし気が沈みすぎたり、誰とも会いたくない気持ちが出てきたら、早いうちに解決する方法を見つけたい

ものです。

 

そこで、日々の生活スタイルを少し振り返ってみてはいかがでしょうか?

 

それは、食べもののことです。

 

毎日、朝、何を食べていますか?

食パン1枚で済ませてしまうことはありませんか?

 

お昼、自分ひとりのためでも、何かお料理していますか?

つい面倒だからコンビニのおにぎり一つ…なんてことはないですか?

 

気が沈んでいるときは、食欲がなかなかわかない、その結果食べることや作ること自体に意識が向かないことが多いものなのです。

 

病気なのかな?と深く考えるまえに、あえて、からだからのサインを観察してみましょう。

気が沈む、誰とも会いたくない、というほかに次のお悩みはありませんか?

 

・からだのどこかに張ったような痛みが出ることがある。

・むくみがある

・めまいがする

・便が柔らかかったり、堅かったりいろいろ

・胸やけがする

・生理の悩みがある

・眠れない

・からだがだるい

・冷えがある

 

続きを読む 0 コメント

妊娠に必要な、からだ作り

赤ちゃんが欲しいけど、出来ない…。

不妊かどうか病院へ行ってみたいけど、どんな検査があるの?

周りの人はすぐに出来るのに、自分はどうして、出来ないの?

とりあえず、何かサプリでも飲んでみたいのだけど、何が良さそうかしら?

 

考えれば考えるほど、自分のからだを責めたり先のことを不安に思ったりするものですよね。

 

焦って、病院で治療を受けるよりも、実際からだが妊娠しやすい状態にあるかどうか考えてみるのもいいかもしれません。

なぜかというと、赤ちゃんが宿る子宮は、からだの一部分だからです。

 

では、子宮環境を良くするにはどうすればいいのでしょうか?

 

まず、子宮ももちろんのこと、妊娠に関係の特に深い、臓腑についてお話します。

その臓腑とは、と言われています。

 

五臓(肝・心・脾・肺・腎)の中でも、特に腎のはたらきと関係が深いと中医学では言われています。

 

腎は、からだの先天の本と言われ、成長、発育、生殖に関わっているのです。

特に腎の中には精という、両親から受け継いだ物質を貯蔵するはたらきがあります。

 

この腎の精こそ、からだの成長、発育、生殖を促進するはたらきがあるのです。

 

いかがですか?

赤ちゃんが欲しい、と思われるなら、もうおわかりですよね。

腎を強めることが、赤ちゃんを授かるために大事なことなんですね。

続きを読む 0 コメント

更年期をうまく乗り切るためのポイント

40代になってから、からだが30代とは何か違う。からだの不調がでやすくなった。

そんなふうなお悩みを抱えておられる女性は、多いかもしれません。

 

子どものこと、家庭のこと、仕事のこと、地域のこと、それから…

一人で何役もこなす主婦にとって、自分のからだはついつい後回しになりがちです。

 

 

40代になると、女性のからだは加齢による臓腑(肝・心・脾・肺・腎)の衰えがあらわれます。

これが、更年期の不調に影響しています。

 

ただ、加齢は、残念ながら、防ぎようもありません。

でも、ここで、あきらめてしまうか、そうでないかでからだの老化スピードを緩めることはできます。

 

つまり、更年期の悩みを出来るだけ少なくできるか、そうでないかは、食をどれだけ大事にしているかどうかと比例しているようにも感じます。

 

 

ここで振り返りたいのは毎日の食事です。

食欲がないから、朝は、パン1枚。

お昼は、一人分作るの面倒だから家族の残りもの。

夜は、ついつい子どもや夫に合わせて、脂っこい料理に傾きがち。

それに、冷たいビールか酎ハイ。

これは極端な例かもしれません。

 

ただ、こんな食事では、からだも不調に傾くのは当然かもしれません。

 

朝は、ごはんに気や血を補う献立で、1日のスタートにふさわしい消化しやすいもの。

お昼は、朝で補えなかった食材で、さらに気や血を補う献立。

夜は、胃腸に負担のかからない、あっさりとした献立で量は控えめ。

 

なかなかこうはいかないかもしれません。

とりあえず、1日の食材の種類を振り返ってみることからはじめてもいいかもしれません。

 

米とパン。

同じ穀物類ですが、効能は違います。

簡単に済ませるのは、パンですが、毎日となると、からだに気の不足が出るかもしれません。

 

気の不足は、やがては血の不足につながり、それが、更年期のお悩みにつながっていくことも考えられます。

 

また、量的に食べるものが少ないと、営養がとれません。

 

からだは気や血、水の、この3つの大切な要素が十分でないと健康にはなれないのです。

 

食はひとそれぞれ習慣が違います。

サプリや病院に行く前に、食の見直しをしてみるのも大事です。

 

そういえば、食事がいい加減だった…。

もし、そう振り返れるなら、更年期のお悩みも改善できるかもしれません。

 

更年期のお悩みは、体からの真っ直ぐなサインです。

何かが不足している、あるいは、余り過ぎている。

このサインをしっかり知りましょう。

 

これが、更年期のお悩みを改善する一番の秘訣です。

体質は人それぞれ違います。

体質に合った、食材があります。

 

いま、更年期のお悩みをもし抱えておられるなら、いつの間にか、からだに気や血、水が少なくなってきているサインです。

 

あるいは、気や血、水の巡りが悪くなってきているサインです。

 

 

薬膳は、意外と、むずかしいお料理と思われていますが、実際のところ。

いろんな食事の制限もないから、負担なく無理なく続けられます。

 

スーパーのふだんの食材で、不調を改善するお料理なのです。

そして、体質を意識した、体質に合った食材を取り入れることだけで、お悩みがゆっくり改善できるのもおすすめできる理由です。

 

 

続きを読む

薬膳師の日曜朝の朝食

湧き水で春の薬膳ごはん

続きを読む 0 コメント

How to find us

Name / Street / City / ZIP